Home‎ > ‎

最新情報


生産・環境生物学特別講義開講のお知らせ

2019/04/25 12:44 に Takeshi Fujii が投稿   [ 2019/04/25 15:43 に更新しました ]

時間:2019年59日 木曜5限(16:5018:35

場所:1号館地階4番講義室

ホスト教員藤井 毅(応用昆虫学研究室)

ゲストスピーカー高梨 琢磨 (森林総合研究所)

(修士課程においてこの講義は必修ですので、修士1年の皆さんは必ず出席して下さい。)

【開講に当たって】

本学応用昆虫学研究室のミッションの一つに、総合的病害虫・雑草管理(IPM)に則った環境負荷の低い害虫防除法への取り組みがあります。応用昆虫学研究室では、ガ類の性フェロモンやアリ類の道しるべフェロモンなどのフェロモン交信系や、ガの発する超音波を介した音響交信系の仕組みを明らかとし、これらの知見をIPMに組み込み「行動制御型害虫防除」として社会実装に生かすことを目指しています。

応用昆虫学研究室が担当する第2回の授業では、冒頭にまず、ホスト教員の藤井が「ヒトと害虫」について端的に触れ、ガの性フェロモン交信系を利用した化学防除法について紹介します。ついで、森林総合研究所の高梨琢磨主任研究員をお招きし、音響交信系を利用した物理防除の最前線(講義内容は下記参照)について講義をしていただきます。皆様奮ってご参加ください。

========================================================================

タイトル「昆虫における音・振動の機能と害虫防除への応用」

高梨 琢磨 (森林総合研究所 主任研究員)

多くの昆虫は固体を伝わる振動や空気中を伝わる音に感受性を持ち、これらの振動や音が情報として様々な機能を持つことが明らかにされつつある。例えば、天敵の発する振動を感知して捕食を回避するホソガの幼虫や、異性の発する超音波により交尾にいたるアワノメイガなどがあげられる。害虫において、振動や音に対する感受性に基づき、行動阻害や忌避による物理的防除が可能となる。特に、森林害虫のマツノマダラカミキリや農業害虫のコナジラミ類において、振動による行動制御機構の解明と防除技術の開発例を紹介する。マツノマダラカミキリは脚にある感覚受容器(腿節内弦音器官)によって振動を感知し、さらに振動によって忌避や産卵の阻害がおこった。一方、作物栽培施設内のコナジラミ類において、振動が密度を低減する防除効果を示した。振動を用いた害虫防除は、化学農薬に依存しない環境低負荷型となる上、様々な害虫種への適用が期待される。

========================================================================

大学院入試情報2019

2019/04/15 1:15 に Takashi Matsuo が投稿   [ 2019/05/07 17:51 に Takashi Matsuo さんが更新しました ]

応用昆虫学研究室では、毎年他大学からの大学院進学者の受け入れ実績があります。

今回は入試日程の前倒しが予定されており、併願がしやすくなると思われます。詳しくは近日中の募集要項公開をお待ちください。

今年も、五月祭に合わせて大学院入試説明会が開催されます。その中で松尾も研究内容紹介をさせていただくことになっています。終了後には研究室見学ができますのでお気軽にご参加ください(予約不要)。

なお、受験を希望される方は必ず事前にコンタクトを取り、研究内容などについて直接説明を受けてから受験するようにしてください。その際に、必ずしも研究室を訪問していただく必要はなく、遠方の方などはメールによるやり取りで問題ありません。まずは松尾(matsuo@utlae.org)までご連絡ください。

5/6追記:
今年度の募集要項が公開されました(研究科WebPageへ)。入試日程は7月27日(土)と28日(日)の2日間です。 

網野さん(B4)がポスター賞を受賞

2019/03/28 20:48 に Ayumi Kudo が投稿   [ 2019/03/31 20:11 に Kai Amino さんが更新しました ]

学部4年生の網野海さんのポスター「テナガショウジョウバエにおけるオスの体サイズと求愛・闘争行動の関係」が第63回日本応用動物昆虫学会大会(2019年3月25-27日)にて,ポスター賞を受賞しました.


今年の小集会が無事終了しました

2019/03/27 19:31 に Takeshi Fujii が投稿   [ 2019/03/27 19:36 に更新しました ]

東京農大の櫻井健志先生と私藤井で例年開催させていただいている応動昆の小集会「深化するガ類性フェロモンの真価2019」が無事終了しました。今年は、当研究室の石川幸男教授と東大先端研の神崎亮平教授(同研究所・所長)のお二人がご講演くださいました。両先生に心より感謝申し上げます。フェロモン研究を通じて、先生方のビジョンや哲学を熱く伝えていただき、とても貴重な会となりました。ありがとうございました。

石川幸男先生 最終講義

2019/01/25 22:23 に Takashi Matsuo が投稿   [ 2019/03/10 21:55 に更新しました ]

 最終講義と同窓会は、好天にも恵まれ盛会のうちに終了しました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。








応用昆虫学研究室 石川幸男教授の最終講義が以下のとおり行われますのでご案内します。どなたでもご参加いただくことができます。

   日時:    2019年3月9日(土)14時~15時
   場所:    東京大学 農学部1号館 2階 第8講義室
       (1号館の位置 https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_07_01_j.html

なお、最終講義の後には研究室の同窓会も開催されます。以下はその案内文です。


応用昆虫学(害虫学)研究室 同窓会のご案内

新春の候、同窓生の皆様方にはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、石川幸男先生におかれましては今年度末をもって定年退職されることになっております。つきましては7年ぶりとなります同窓会を催し、研究室の歴史を振り返るとともに石川先生の長年にわたるご貢献に感謝する機会としたいと思います。どうか万障お繰り合わせの上、多くの皆様にご参加いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
 同日には石川先生の最終講義も予定されておりますので、あわせてぜひご参加ください。

皆様と再会できることを、楽しみにしております。




   日時:    2019年3月9日(土)16時~18時
   場所:    東京大学 山上会館 1階 談話ホール
       (山上会館の場所 https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html
   参加費:     4,500円
   出欠連絡:    参加費のお振込みをもって、ご参加を確認させていただきます。
       *2月8日(金)までに、参加費をお振込みください。

【ゆうちょ銀行もしくは郵便局で手続きする場合はこちら】
・口座記号:00160-2
・口座番号:24673
・加入者名:害虫学同窓会
*振込用紙には、必ず ご住所・ご氏名をお書きください。

【銀行等の金融機関からお振込みの場合はこちら】
・銀行名:ゆうちょ銀行
・金融機関コード:9900
・支店名:〇一九店(ゼロイチキュウ店)
・店番:019
・口座種類:当座預金
・口座番号: 0024673
・口座名義: 害虫学同窓会
*かならず、お名前が分かるようにしてください。
(ご本人名義の口座からお振込みいただくか、通信欄にお名前を含めてください。)

連絡先
ご不明な点、ご連絡等がございましたら、下記宛にお願いいたします。
東京大学大学院 農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻 応用昆虫学研究室
松尾隆嗣
星崎杉彦

Mini-Symposium: Sexual Selection in Insects

2019/01/25 22:05 に Takashi Matsuo が投稿   [ 2019/01/25 22:27 に更新しました ]

慶応大の上村佳孝さん主催によるシンポジウムにおいて、松尾も演者の一人として話題提供することになりました。

*****************************************

昆虫の交尾と免疫機能の関係や、トコジラミの性的対立の研究で知られるMichael T. Siva-Jothy氏(Sheffield大学)が来日されます。
※Siva-Jothy氏のプロフィール:
https://www.sheffield.ac.uk/aps/staff-and-students/acadstaff/siva-jothy

これに合わせ、慶應義塾大学(横浜・日吉)で以下のようなミニシンポジウム 「Sexual Selection in Insects」 を開催します。

日時:2019年2月1日(金)14:30-18:30
場所:慶應義塾大学 日吉キャンパス 第2校舎 3階231教室 (東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄 日吉駅より徒歩5分)
※校舎までのルート:http://biology.hc.keio.ac.jp/access.html
※ただし、当日参加者多数の場合は、同フロアの別教室に会場を変更する可能性があります。

言語は英語です。

どなたでも自由にご参加いただけますが、参加人数把握のため、世話人(上村)までご連絡いただけると助かります。

皆さまのご参加をお待ちしております。

上村佳孝

<< 以下、当日のプログラムです>>

14:30-14:45 Yoshitaka Kamimura (Keio University)
Innovative female traits can drive genital coevolution between the sexes.
14:45-15:15 Kaori Tsuchiya (Hokkaido University)
Sexual conflict in damselflies and grasshoppers.
15:15-15:30 Fumio Hayashi (Tokyo Metropolitan University)
Asymmetric male genitalia promoted by female sperm storage strategy in
Calopterygidae (Odonata).
15:30-15:45 Yasukazu Okada (Tokyo Metropolitan University)
Mechanism of weapon conditional growth in broad-horned flour beetle.

15:45-16:00 Tea Break

16:00-16:30 Takashi Matsuo (University of Tokyo)
A courtship behavior that makes monandrous females polyandrous.
16:30 -16:45 Kentaro M. Tanaka (Tokyo Metropolitan University)
Deciphering genital incompatibility by genomic introgression in Drosophila.
16:45-17:15 Aya Takahashi (Tokyo Metropolitan University)
Oviposition strategy and its influence on copulation in D. suzukii.

17:15-17:30 Tea Break

17:30-18:30 Michael T. Siva-Jothy (University of Sheffield) PLENARY SPEAKER
Sex, menopause and immunity in a long-lived insect: the bed bug's tale.
*****************************************

大学院入試情報2018

2018/05/01 2:51 に Takashi Matsuo が投稿

応用昆虫学研究室では他大学からの大学院進学者を歓迎しています。今年度の募集要項が公開されました。受験を希望される方は必ず事前にご連絡ください。

五月祭に合わせて大学院入試説明会も開催されます。アポなしで研究室見学等ができますので、お気軽にご参加ください。


公開セミナーのご案内

2017/07/03 23:07 に Kazuyoshi Minekawa が投稿   [ 2017/07/03 23:07 に更新しました ]

東京大学卒で現在コロンビア大学大学院に所属している羽場優紀さんをお迎えして、以下のようなセミナーを企画しました。
皆様、ぜひご参加ください。

Summer seminar
2017 / 7 / 31 (月) 17:00 - 18:00
@農学部1号館100番教室

The genomics of behavioral adaptation to photoperiodism in an Asian burying beetle
コロンビア大学 羽場優紀

 行動の進化に関わる遺伝基盤は、長年研究者の興味を引いてきたにも関わらず、ほとんど明らかにされていない。近年の次世代シーケンサーの普及や大規模ゲノムデータの解析手法の発展により、野外個体を用いて行動の進化の遺伝基盤を研究することが可能になりつつある。我々は、アジア諸国にひろく分布し多様な行動を見せるネパールモンシデムシ Nicrophorus nepalensis の集団を用い、適応行動の進化に関わる遺伝基盤を調べた。
 トークの後半では研究とは別に、海外大学院でMaster, PhDをとる/とることを目指す者として体験談のようなものを予定している。日本の大学、大学院とどのようにシステムや環境が違うのか、エピソードを交えながら紹介したい。

*セミナー後(18:00-)に同じ会場で懇親会もやる予定です!

Abstract
Scientists have long been fascinated by the stunning variation of innate behavior in animals, but little is known about the genetic architecture of behavioral variation in nature. Local behavioral adaptation, where a behavioral trait has been selected and genetically fixed in a local population, provides us a unique opportunity to investigate the genetic underpinnings of recent behavioral adaptation. Here I examine the genomic architecture underlying seasonal variation of burying behavior in Asian burying beetle, Nicrophorus nepalensis. I first showed using a common garden experiment that the behavioral differentiation among N. nepalensis populations in Taiwan and Japan was genetically-determined, suggesting that the behavior is locally adapted. Furthermore, by genome-wide FST analysis I found that two genes, npr-1 and WDR67, were highly diverged among populations with different behavioral phenotypes and thus were putatively responsible for the behavioral adaptation. In contrast, the circadian core genes, which have been suggested to be involved in photoperiodic behavior from lab experiments in insects and other taxa, did not show signatures of selection. Together, the results highlight the importance of studying the genetics of naturally occurring behavior to fully understand how innate behavior evolves in nature. 

演者プロフィール
2015 東京大学農学部卒 (宮下研 / 嶋田研@教養)
2017 Columbia University Dept. of Ecology, Evolution and Environmental Biology 修士卒
2017 Princeton University 博士課程進学予定

Email: yh2778@columbia.edu
Twitter: @shevayuki2778
Website: http://mudanamono656565.wixsite.com/yukihaba

特別講義のご案内

2017/05/30 1:59 に Takashi Matsuo が投稿

大学院の講義の一つ、「生産・環境生物学特別講義」の今年度の応用昆虫学研究室担当回は、ゲストスピーカーに森林総合研究所(森林研究・整備機構)の向井 裕美さんをお迎えして、「亜社会性昆虫の保育行動」についてお話しいただきます。

第4回生産・環境生物学特別講義
日時:6月8日(木)5限(16:50~18:35)
場所:1号館地階5番講義室

スピーカー1:星崎杉彦(応用昆虫学研究室・助教)16:50~17:05
「ウンカ・ヨコバイ類における音の出ない振動信号」
=====================================
セミのオスが腹部の器官を振動させて大音量で鳴き,この音響信号を介して雌雄がコミュニケートすることは一般によく知られている.しかし,セミの親類とも言える昆虫グループでは,音を出すことなく体を振動させてコミュニケーションをとることのほうが多いようである.この講義では,重要な農業害虫を含むウンカ類・ヨコバイ類を主にとりあげ,振動信号を見いだした古典的研究から近年の応用努力までを,ごく手短に紹介したい.
=====================================

スピーカー2:向井裕実(森林総合研究所)17:05~18:35
「亜社会性カメムシ類の親による胚の状態に応じた可塑的な保育行動」
=====================================
親鳥が卵のなかの雛の鳴き声に応えて卵殻を破壊するように,ある種の動物では胚(卵のなかの子)に対して保育行動を示すことが知られる.昆虫でも,社会性が発達した種では親への強い依存が促進されると予想され,親と胚の複雑な相互関係が生じている可能性が高い.雌親が卵保護や給餌などの保育行動を行うツチカメムシの仲間では,塊状にまとめられた数十を超える卵のほぼ全てが30分以内に孵化する.一連の研究により,1)孵化の瞬間に雌親が卵塊を抱えながら特徴的な振動シグナルを与えること,2)孵化の数日前から雌親が卵塊を回転させ,卵塊中に存在する温度勾配を解消し胚子発達速度を均一化させていることにより,緻密な一斉孵化が成し遂げられることが明らかになった.本講演では,鳥類に勝るとも劣らないカメムシの雌親が示す胚への緻密な保育行動を紹介し,それを担う親と胚のコミュニケーションやその進化プロセスについても議論したい.
=====================================

大学院入試情報

2017/04/09 19:50 に Takashi Matsuo が投稿

応用昆虫学研究室では他大学からの大学院進学者を歓迎しています。昨年は1名、今年は2名の他大学出身者を新メンバーとして受け入れました。

気が早いようですが、来年度入学に向けてのご案内です。応用昆虫学研究室が所属する専攻の入試説明会が下記の通り開催されます。説明会終了後に研究室訪問が設定されていて、アポなしで研究室の見学をすることができます(ガイダンス自体よりも有意義かもしれない?)ので、少しでも関心のある方は気軽に参加してみてください。募集要項やWebサイトではわからない有用情報が得られると思います。

応用昆虫学研究室の研究内容についてはこちら

昨年度の募集要項はこちら

=================================
平成30年度入学者向け大学院入試ガイダンスのお知らせ
東京大学 大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻

日時 2017年5月20日(土)13:00~15:00
場所 農学部3号館4階 第403号室
(東京メトロ南北線東大前駅より徒歩1分、千代田線根津駅より徒歩7分)

東京大学大学院農学生命科学研究科、生産・環境生物学専攻では平成30年度入学の大学院生を広く募集をしています。本専攻は植物・昆虫・微生物を対象に分子生 物学からフィールド科学まで幅広い研究を行っています。ガイダンスには東京大学 卒業予定者、他大学の卒業予定者、大学既卒者など受験資格がある方はどなたでも、事前登録不要で参加できます。ガイダンス終了後には研究室訪問の時間がとってあります。事前アポなしで、興味のある研究室を見学したり、研究内容について詳細な説明を受けたりできる貴重な機会ですので是非活用してください。また、東京大学五月祭期間中ですので、大学院生が企画する研究室紹介展示と共同し、楽しく専攻が理解できるようになっています。

プログラム
13:00 専攻長あいさつ
13:10 入試に関する説明
13:20 専攻研究室の概要説明
13:30 研究トピックの紹介
14:15 大学院生による展示企画 
15:00 研究室訪問

1-10 of 41