Home‎ > ‎最新情報‎ > ‎

大野豪氏(当研究室OB)の受賞決定

2011/09/30 22:13 に Yukio Ishikawa が投稿   [ 2011/09/30 22:25 に更新しました ]
当研究室OB(2003年3月博士課程修了)の大野豪氏(沖縄県農業研究センター)が2012年度の日本応用動物昆虫学会奨励賞を受賞することが決定しました。
受賞対象研究は、「南西諸島における農業害虫の根絶防除と総合管理に関する基礎研究」です。
 大野豪氏は、南西諸島で大問題となっているイモゾウムシとアリモドキゾウムシの根絶防除を目的として、不妊虫の大量増殖法やマーキング技術の研究を進めたほか、ハダニ・コナジラミ等の難防除害虫類を対象に、そのIPM技術の基礎となる、害虫の野生寄主植物の特定、各種農薬による殺虫効果試験、天敵放飼による防除効果試験等を精力的に行ってきました。奨励賞の授賞は、これらの研究が南西諸島における害虫の総合管理に大きく貢献したことが評価されたものです。
Comments