Home‎ > ‎最新情報‎ > ‎

昆虫標本を移管しました

2012/11/09 20:24 に Yukio Ishikawa が投稿   [ 2012/11/09 20:48 に更新しました ]
応用昆虫研が管理していた昆虫標本を2012年11月5日をもって、東京大学総合研究博物館に移管しました。この昆虫標本には、日本最古の昆虫標本(江戸時代の武蔵石寿によるもの)や、佐々木忠治郎、三宅恒方、石原保などの著名な昆虫学者によるコレクションが含まれています。今回の移管によりまして、標本の管理状況が改善されるほか、標本の本格的整理とデータベース化を進めていただけることになっています。今後、昆虫研究者による標本の有効利用が促進されるものと期待しています。

Comments