Home‎ > ‎最新情報‎ > ‎

研究成果発表

2011/05/29 2:50 に Yukio Ishikawa が投稿   [ 2011/05/29 5:41 に更新しました ]
当研究室の最新研究成果の概要を東京大学農学部のトップページにて紹介しました。
タイトルは、「レトロポゾンの挿入により不活化したと考えられていた性フェロモン生合成酵素遺伝子が現生種で機能していることを発見」です。
Ċ
Takeshi Fujii,
2011/08/30 0:08
Comments