Home‎ > ‎メンバー‎ > ‎蟲の日々‎ > ‎

春の終わり

2019/05/06 10:17 に Kai Amino が投稿   [ 2019/05/06 10:23 に更新しました ]

新学期が始まるころに羽化を始め、最初はオスばかりだったツマキチョウは、ゴールデンウィークの終わり頃になるとほとんどメスだけになっています。


羽化したての頃は紫色のムラサキハナナが咲きそろい、成虫はこの周りを飛び回りますが、なかなか花に留まってはくれず、撮影に苦戦します。
シーズン後半になるとムラサキハナナに代わって黄色いアブラナの花が咲き広がりますが、こちらの花の方が滞在時間はより長い印象があります。アブラナの花をより好むのか、羽化してからの時間が影響しているのか、一体なにが関係しているのでしょう...

ツマキチョウの産卵とともに、さわやかだった春は息をひそめ、初夏の本格的な虫シーズンの到来に胸が高鳴り出します。

Comments