Home‎ > ‎メンバー‎ > ‎蟲の日々‎ > ‎

“チョウ”魔術

2018/10/09 18:50 に Yuki Ando が投稿   [ 2018/10/16 19:35 に更新しました ]
キャンパス内の茂みで羽を休めているチョウを発見!

日本で最もよく見かけるチョウのひとつ、ヤマトシジミです。
カタバミに卵を産むため、庭先で見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。


実はこのチョウ、ちょっと変わった「ワザ」を持っていて…

こちらに気づくとターンして正面を向こうとします。
見える面積を減らして背景に溶け込み、かつカメラのオートフォーカスを狂わせる
極めて高度な作戦です。
※今回は分かりやすいように、こちら側も位置を調製して真正面から撮影しています


一歩引くとこんな感じ。
一度目をそらしたらもう見つけられそうにありません。

手品には、同じような仕組みでカードやCDが一瞬で消えたように見せる
「バニッシュ」という技があるそうですが、このチョウは遥か昔からそれを身につけてきたのですね。
生き物としての先輩にはやっぱり頭が下がるばかりです。
Comments