Home‎ > ‎論文作成Tips‎ > ‎

共起辞書を利用しよう

1)共起辞書を利用しよう
  英語の文章を書いていると、名詞や動詞につながる助詞の選択に自信がなかったり、もっともぴったりする形容詞が思いつかなかったりすることはよくあります。
  google検索でこれらに関する情報を得るノウハウはネット等に最近よく載っていますが、もっと直接的な方法は共起(凶器でも驚喜でもありません)辞書(Co-occurrence dictionary)を使うことです。
  共起辞書のすぐれものは、ライフサイエンス辞書の「共起検索」です。ライフサイエンス辞書は単独でも使えますが、weblio辞書http://ejje.weblio.jp/ から入るのが普通かもしれません。

例えば、weblio辞書で problem と入力して検索すると、沢山の辞書をいっぺんに検索してくれるので、とても便利なのですが、その中にライフサイエンス辞書があります。

problemの検索結果は上のようになります。ここで、一番下の「problemの共起表現」をクリックしてみましょう。すると、

という結果が得られます。
「一語前でソート」や「一語後でソート」などのオプションを駆使してもらうと、problemともっともよく共起する形容詞や、problemともっともよく共起する動詞や助詞をみつけることができますよ。

これを使うと、nativeにとって違和感のない英語に近づけることができます。

Comments