Home‎ > ‎研究内容‎ > ‎大学院セミナー‎ > ‎

イエバエの産卵行動に影響を与える因子について 修士課程1年 豊田卓矢

2015/06/21 22:13 に ユーザー不明 が投稿

昆虫において、産卵場所の選択は種の存続に直結する重要な要素である。今セミナーでは、イエバエ( Musca domestica ) がどのような産卵場所を好むかを説明する。

イエバエは産卵する際、豚の糞尿由来の化学物質、産卵直後の卵及び交尾雌の卵巣の抽出液などに誘引される[1][2]。また、産卵直後の卵には誘引される一方で、産卵後24時間の卵を忌避する[3]。これによって幼虫の生息密度を最適に保っている。

イエバエの卵から19種のバクテリアが検出され、そのうちの8種に誘引効果があり、4種に忌避効果があった。そのうちの1種、Klebsiella oxytocaが特に強い忌避効果を示しており、24時間のあいだに卵が誘引から忌避へと変わった原因は、24時間後にこのバクテリアが大量に存在していたためであると考えられる[4]

  次に、忌避を示すバクテリアはイエバエにとって有害であるかを調べた。バクテリアは、ハエの幼虫の餌になりうることが知られている。前述した誘引を示す8つのバクテリアだけでなく、忌避を示す4つのバクテリアの存在も、幼虫の成長を手助けすることがわかった[5]。また、忌避を示すバクテリアや、他のバクテリアの存在が真菌類( Phoma属、Fusarium属、Rhizopus )の成長を抑えること、それら真菌類がイエバエの幼虫の成長を著しく阻害することが明らかになった[6]。これらの結果より、忌避を示すバクテリアは幼虫にとって有害というよりは、むしろ雌成虫がどこにいつ産卵すべきであるかという指標となっていると考えられる。

また、真菌類( Phoma属、Fusarium属、Rhizopus )が存在するとイエバエの幼虫の成長が悪くなるため[6]、イエバエはそれら真菌類が存在する場所を避けて産卵することが確認された[7]。さらに、それら真菌類の匂い成分から、dimethyl trisulfide   2-phenylethanolが産卵阻害成分として同定された。

 

Reference

[1]Jiang, Y., Lei, C., Niu, C., Fang, Y., Xiao, C. & Zhang, Z. 2002. Semiochemicals from ovaries of gravid females attract ovipositing female houseflies, Musca domestica. Journal of Insect Physiology, 48, 945-950

[2]Cosse, AA. & Baker, TC. 1996. House flies and pig manure volatiles: wind tunnel behavioral studies and electrophysiological evaluations. Journal of Agricultural Entomology, 13(4), 301-317

[3]Bryant, EH. & Hall, AE. 1975. The role of medium conditioning in the population dynamics of the housefly. Researches on Population Ecology, 16, 188-197

[4]Lam, K., Babor, D., Duthie, B., Babor, E., Moore, M. & Gries G. 2006. Proliferating bacterial symbionts on house fly eggs affect oviposition behaviour of adult flies. Animal Behavior, 74, 81-92.

[5]Lam, K., Geisreiter, C. & Gries, G. 2009. Oviposition female house flies provision offspring larvae with bacterial food. Entomologia Experimentalis et Applicata, 133, 292-295

[6]Lam, K., Thu, K., Tsang, M., Moore, M. & Gries, G. 2009. Bacteria on housefly eggs, Musca domestica, suppress fungal growth in chicken manure through nutrient depletion or antifungal matabolites. Naturwissenschaften, 96, 1127-1132

[7]Lam, K., Tsang, M., Labrie, A., Gries, R. & Gris, G. 2010 Semiochemical-mediated oviposition avoidance by female house flies, Musca domestica, on animal feces colonized with harmful fungi. Journal of Chemical Ecology, 36, 141-147

Comments