Home‎ > ‎研究内容‎ > ‎大学院セミナー‎ > ‎

ショウジョウバエの求愛行動におけるwing vibration頻度の多様化 修士1年 瀬戸口栞

2013/06/27 22:29 に ユーザー不明 が投稿

201378

ショウジョウバエのオスが示す求愛行動は、orientationtappingwing vibrationlickingattempting copulationなどの行動要素から構成されており、これらは普通、交尾成立より前に観察されるものである。オスの求愛行動要素のうち、wing vibrationは音響効果や視覚効果により、メスの交尾受け入れを誘導するために重要な役割を果たしていると考えられている[1]

しかし、ある種のショウジョウバエにおいては、wing vibrationを含む求愛行動をほとんど行わずに交尾が成立することが知られている。montium種亜群に属する多くのショウジョウバエでは、交尾成立前におけるwing vibrationの頻度は非常に低いが、その代わりに交尾の最中や交尾後にwing vibrationが行われる [2][3][4]。交尾前のwing vibrationに対して、交尾中や交尾後のwing vibrationは異なる機能を持っていることが予想される。

交尾中にwing vibrationを示すDrosophila liniD. ohnishiiD. ogumaiでは、wing vibrationを模した人工音を用いた実験により、種特異的な周波数の音が交尾持続時間を増加させることが示された [5][6]。クモの一種では、未交尾のメスとの交尾持続時間に比べ既交尾メスとの交尾持続時間の方が長く、オスは交尾中の腹部振動により自らの精子の受精率を高めていることがわかっている[7]montium種亜群に見られる交尾中のwing vibrationも交尾持続時間を増加させることで受精率を上昇させる機能を持つ可能性が示唆された。

montium種亜群以外のショウジョウバエには、交尾の前後に関わらずwing vibrationをしなくなった種もいる。virilis種群に属するD. virilisD. lummeiD. a. americanaD. littoralisでは、tappinglickingが求愛時間の多くを占め、wing vibrationの頻度は低い[8]。さらにwillistoni種群のD. nebulosaquinaria種群のD. recensでは、wing vibrationが全く観察されない[9][1]

ショウジョウバエの交尾前の求愛行動において、wing vibrationの頻度の多様化は複数のグループで独立に見られた。また、近縁種間でもwing vibrationの頻度には大きな差が認められた。これらのことから、ショウジョウバエの求愛行動において重要な役割を担っていると考えられているwing vibrationであっても、その頻度の多様化は比較的容易に起こることが示唆された。

 

References

[1] Giglio, E. M., & Dyer, K. A. (2013). Divergence of premating behaviors in the closely related species Drosophila subquinaria and D-recens. Ecology and Evolution, 3(2), 365-374. doi:10.1002/ece3.477

[2] Tomaru, M., & Oguma, Y. (1994). Differences in courtship song in the species of the Drosophila-auraria complex. Animal Behaviour, 47(1), 133-140. doi:10.1006/anbe.1994.1015

[3] Hoikkala, A., & Crossley, S. (2000). Copulatory courtship in drosophila: Behavior and songs of D. birchii and D. serrata. Journal of Insect Behavior, 13(1), 71-86. doi:10.1023/A:1007715609756

[4] Hoikkala, A., Crossley, S., & Castillo-Melendez, C. (2000). Copulatory courtship in Drosophila birchii and D. serrata, species recognition and sexual selection. Journal of Insect Behavior, 13(3), 361-373. doi:10.1023/A:1007710218609

[5] Wen, S., Yamada, H., Li, Y., Kimura, M. T., Oguma, Y., Sawamura, K., & Toda, M. J. (2011). Copulatory courtship behavior and sine song as a mate recognition cue in Drosophila lini and its sibling species. Zoological Science, 28(7), 469-475. doi:10.2108/zsj.28.469

[6] Li, Y., Wen, S., & Ritchie, M. G. (2012). Copulatory song in three species of the Drosophila montium subgroup extends copulation and shows unusual genetic control. Animal Behaviour, 83(1), 233-238. doi:10.1016/j.anbehav.2011.10.032

[7] Peretti, A. V., & Eberhard, W. G. (2010). Cryptic female choice via sperm dumping favours male copulatory courtship in a spider. Journal of Evolutionary Biology, 23(2), 271-281. doi:10.1111/j.1420-9101.2009.01900.x

[8] Vedenina, V. Y., Ivanova, T. I., & Lazebny, O. E. (2013). Analysis of courtship behavior in closely related species of Drosophila virilis group: A new approach arises new questions. Journal of Insect Behavior, 26(3), 402-415. doi:10.1007/s10905-012-9359-z

[9] Gleason, J. M., Pierce, A. A., Vezeau, A. L., & Goodman, S. F. (2012). Different sensory modalities are required for successful courtship in two species of the Drosophila willistoni group. Animal Behaviour, 83(1), 217-227. doi:10.1016/j.anbehav.2011.10.029

 

Comments