Home‎ > ‎研究内容‎ > ‎

共生細菌Wolbachiaによる寄主の性決定操作

 アズキノメイガのWolbachia 感染系統成虫にテトラサイクリン処理をすると高頻度で性モザイク個体が得られます。この性モザイク個体の性決定カスケードの最下流遺伝子doublesexの型を調べたところ、性モザイク個体では雌雄両タイプのdoublesex遺伝子が発現していることがわかりました。

Expression of a doublesex homologue is altered in sexual mosaics of Ostrinia scapulalis moths infected with Wolbachia  Original Research Article
Insect Biochemistry and Molecular Biology, Volume 40, Issue 12, December 2010, Pages 847-854
Takafumi N. Sugimoto, Takeshi Fujii, Takumi Kayukawa, Hironori Sakamoto, Yukio Ishikawa


 

ウェブ評価
全体の評価
 
Comments