研究内容

応用昆虫学研究室では昆虫を対象にした幅広い研究を行っていますが、特に生理学・生態学の分野で長年にわたり成果を上げています。関連する進化・多様性の分野でも多くの研究を行ってきました。フィールドワーク、実験室での飼育による実験、細胞・生化学実験や遺伝子解析など、マクロからミクロまで多彩な手法を駆使して昆虫の謎に取り組んでいます。モデル生物以外でのゲノム解析が急速に発達している今、生物学的な驚異に満ちている昆虫は画期的な発見が眠る宝の山と言えるでしょう。


大学院での教育の一環として行われている活動です。学生が自身の行っている研究に関連した様々なトピックを紹介していきます。私たちがどんな現象に興味を持っているのかが分かっていただけると思います。